おぎしんトップページ
ogikubo shingaku kenkyusho

おぎしんQ&A
画像
Q1  塾通いはいつから始めたら良いですか?
Q2  学力別のクラスですか? 成績や順位は公表されるのですか?
Q3  先生はどんな人? 授業の雰囲気はどうですか?
Q4  わからない問題はどうすればいいのですか?
Q5  授業見学や体験授業はできますか?
Q6  家庭では子どもの勉強をどうみてあげればいいのですか?

 
 
   
 塾通いはいつから始めたら良いですか?
 

無理なく中学入試の準備をするには、4年生からが現実的です。中学入試の内容を学習し、受験対策を終えるには、5年生からでは、時間的に大変です。6年生からでは、時間的な大変さに加えて本人の強い意志とご家庭全体の協力が必要になります。3年生については、『塾通いを考えたとき』が、まさに大きなチャンスです。是非、ご相談ください。

 学力別のクラスですか? 成績や順位は公表されるのですか?
 
  4年生・5年生・6年生は学力別のクラスです。3年生は曜日別のクラスです。各学年で学習計画に沿ったテストをおぎしんの授業日に実施します。その結果に基づいて、4年生は年9回、5年生は年8回、6年生は年5回、学力別のクラス分けを行います。なお、成績や順位を公表することはありません。
 先生はどんな人? 授業の雰囲気はどうですか?
 
  教えることが大好きな先生、子ども一人ひとりを大切にする先生が、よくわかる授業、おもしろい授業をやっています。このことは、とても楽しくもあり、大変なことでもあります。ですから、おぎしんには、アルバイトの先生は1人もいません。
 わからない問題はどうすればいいのですか?
 
  授業前や授業中に質問してください。大切なことは、疑問を持ったら時間をおかないで質問することです。生徒の中には、自分から質問することが苦手な子もいます。そんな生徒には、クラス担任から声をかけていくなどの工夫をしています。
 授業見学や体験授業はできますか?
 
  授業をいつ見学していただいても構いません。しかし、授業に集中できない生徒がでてきては困ります。教室に入っての見学はお断りし、廊下からの見学をお願いしています。また、体験授業は随時行っていますので、お問い合わせください。
 家庭では子どもの勉強をどうみてあげればいいのですか?
 
  3年生・4年生の場合は、学習の習慣がつくことが大切です。特に基本中の基本である漢字の練習と四則計算の理解度をチェックしながら、積極的に取り組んでください。
5年生・6年生の場合は、レベルの高い学習が続きます。各家庭によってかかわり方はちがうと思いますが、できるだけ、学習連絡表にそって理解度をチェックしてください。特に算数が負担になると大変になります。算数用の「解説・解答プリント」をその都度、配付しています。ぜひ、利用してください。
 

ホーム>Q&A

 

     
おぎしんトップページへ
メールでのお問い合わせ
このページの先頭に戻る
おぎしんホームページのトップページへ戻ります。
おぎしん宛のメールはこちらへ
「FAQ」ページの先頭へ戻ります。

ogisin

お問い合わせは03(3392)5401まで